30代になったら年齢に合った化粧水を使用することが大切だと分かりました

catch12

 

若い頃は肌の乾燥とは無縁で、適当に選んだ化粧水でも充分に肌を潤すことができていたのですが、30代に入ってからというもの、徐々に肌の乾燥が気になってきました。

 

今まで使用していた化粧水では全く肌の潤いが足りず、カサついてしまったり、痒みを感じたりするようになってしまったため、自分の年齢に合った化粧水を探すことにしたのです。

 

30代向けの化粧水を探してみると、やはりヒアルロン酸セラミドなど、保湿成分が高配合されている商品が多いものですね。

 

色々な種類がある中で、私が選んだのは保湿効果の高いヒアルロン酸、肌のハリを保つことのできるコラーゲンが含まれている贅沢な化粧水でした。

これらの成分が高配合されているだけあり、テクスチャはとろみがあり、化粧水というよりも美容液のような感覚です。

これだけとろみがあると、肌に浸透しにくいのではないかと思ったのですが、そんな心配は無用で、肌につけた瞬間からスーッと馴染んでくれました。

 

化粧水を変えてからは、肌の調子はとてもよく、乾燥を全く感じなくなったことはもちろん、乾燥からくるニキビや痒みもほとんどなくなり、スベスベでしっとりとした肌を保つことができています。

 

化粧水だけでここまで肌質が変化するものなのかと本当に驚きました。

 

やはり、化粧水などの基礎化粧品は、自分の年齢に合ったものを使用することが大切なのですね。

30代向けの評判の良い化粧水は他にもたくさんあるので、今のままで満足してしまわず、他の商品も試していきたいと思っています。