30代に人気の化粧水はどんな成分が入っている?

catch14

 

30代といえば、お肌も曲がり角になってきている時期ですよね。
この時期からは肌に対してしっかりと効く化粧水を使うことが大切だと思います。

 

保湿成分が豊富に含まれていることや、しみやしわが気になってくる時期ですし、美白成分の入っているものなどを中心として、なるべく安い値段で購入できたらいいですよね。

30代といえば、子育てしているママさんなども多いので、かんたんにお手入れ出来ちゃうものもいいと思います。

 

化粧水の役割としては、保湿状態を保てるための美容成分を肌に届けるため、水分を化粧水としてお肌につけることでその一緒に含まれている成分を浸透させるという事が大きな目的です。

 

その肌へ含ませる成分として30代の化粧水に良く含まれるものは、
保湿成分、シミやしわに効果のある成分、美白成分などが多くを占めています。

アミノ酸クエン酸ヒアルロン酸ナイアシンアミド(ビタミンB3)・コラーゲンエラスチングリセリンプロピレングリコール(PG)・セラミドブチレングリコール(BG)・NMF(天然保湿因子)などがあります。

NMFは最近発見されたもので、保湿に効果が高いので現在多くの商品に使われ始めています。

 

美白のためにビタミンCやビタミンC誘導体は有名ですが、こちらは刺激が強めのためプラセンタの入っているものがお肌に優しく美白と保湿効果があり現在大変人気となっています。

 

角質層を健やかにする成分としてユーカリ抽出液などを含むものも多く出ています。

 

若返り成分としてEGC(上皮成長因子)などを含むオールインワンの化粧品などもあります。